カテゴリー別アーカイブ: 海の教室

report2015-11

海の教室〜笠岡諸島冒険の旅2015〜イベントレポート

2015年8月22日イベントレポート

神島外浦港より出発

2015年8月22日イベントレポート

高島の海岸

まずは浜辺で貝拾い。この後の土器発掘体験の練習です。

2015年8月22日イベントレポート

島内探索

海のクイズの答えを求めて、島内を探索スタート。

2015年8月22日イベントレポート

高島神社で土器発掘体験

さあ、土器発掘体験。土を掘って土器を探そう。

2015年8月22日イベントレポート

船内探索

再び船に乗り込んで、次の島に移動です。
report_07

大飛島の海岸

飛島に到着。サバイバル体験として、「水と食料を得るために、ゴミを拾え」というミッションが与えられました。

report_08

昼食

島うどんとバラチラシのお昼ご飯。みんなもりもり食べていました。
2015年8月22日イベントレポート

自由時間

スイカ割りしたり、海で泳いだり、防波堤を探検したり…。みんなそれぞれが楽しい時間をすごしました。

2015年8月22日イベントレポート

神島外浦に到着

無事到着。クイズも全員が正解でした。お疲れさまでした。楽しかったね。

2015年8月22日イベントレポート

主催:高島おきよ館、一般社団法人海洋連盟
後援:国土交通省 中国運輸局、笠岡市、笠岡市教育委員会、笠岡市教育連盟、OHK岡山放送
協賛:
株式会社イオン 全日本空輸株式会社 株式会社ネットリソースマネジメント

facebookもいいね!してね!http://www.facebook.com/blueactions

【海の教室2014 笠岡諸島冒険の旅の紹介ムービー大公開! School at the Seaside 2014 Kasaoka Islands Adventure Trip Movie】

海賊王になるのは誰だ?
Who will become the Pirate King?

2014年8月31日に岡山県笠岡市の笠岡諸島を舞台に開催した海洋連盟のプロジェクトBLUE ACTIONのイベント紹介動画です。
On August 31, 2014 This is an event introduction video of project BLUE ACTION marine Federation that was held on the stage of Kasaoka Islands of Okayama Prefecture Kasaoka.

子供たちの弾ける笑顔が忘れられません。
I can not forget the smile that play of children.

来年はどこでやろうかな~
Will we be held in where the next year?

国交省にお礼に行きました。

国交省にお礼に行きました1
国交省にお礼に行きました1
国交省にお礼に行きました2
国交省にお礼に行きました2

海洋連盟の妹尾代表理事が上京したので、海の教室に後援頂いた国交省にお礼に行きました。
写真に写っているのは左から

千葉政俊室長(国土交通省海事局海事企画室)
妹尾博之(海洋連盟代表理事)
わたくし内田
海の教室にもプライベートで参加くださった坂本慶介室長(国土交通省海事局海洋・環境政策課 海洋開発戦略室)

で、2枚目の写真一番右が、BLUE ACTIONのクリエイティブを作ってくれている加藤才明さん(株式会社GTO社長)

千葉室長は非常にアグレッシブな方で、海洋観光振興のため「海洋観光・海を身近に懇談会」という集まりをやってまして、FBページに面白い海関連のイベントをアップされていますし、それらのイベントにも参加されたりしてます。

このFBページは、無料のイベント情報もあるので皆さんもぜひご覧になっていってみて下さいね。
「洋観光・海を身近に懇談会」Facebookページ>>

この後、(財)日本海事広報協会と(社)日本海洋少年団の理事長を紹介頂いて13:00から伺ってきたのですが、そこで思わぬ面白い展開がありました。

ですが、長くなるのでその話はまた後日(^_-)-☆

笠岡諸島冒険の旅スタッフ紹介-6

笠岡諸島冒険の旅スタッフ紹介-6
笠岡諸島冒険の旅スタッフ紹介-6

笠岡諸島冒険の旅スタッフ紹介の最後で紹介するのは、イベントの企画、クリエイティブ、SEA PARTSを探せの問題作成、当日の統括マネジメントを担当してくれた海賊王の隣にいるコピーライターの加藤才明さんです。

彼のおかげで、イベントに華ができました。

加藤さんは海洋連盟、BLUE ACTIONの全コピーとブランディングも請負ってくれてます。

これからも、様々なBLUE ACTIONイベントで目にすることになると思いますので、どうぞお見知りおきのほど。